●レッスン内容

・「ピアノのおけいこ」スタイルではないピアノレッスン!

レッスンがあるから練習しましょうではなく、大人も子供もいつでもどこでも生き生きとピアノとふれあったり、対話できるようになってほしい、と願いながら指導させていただいています。

・メロディーとコードネームだけで自在に弾けるように

正確なビート感覚とノリの練習
コードの基礎からジャズ理論まで
深くやわらかいタッチや譜面の読み方
自分の出したい音を楽譜に書く
アドリブ練習
アレンジ力をつける
バンドで通用する力をつける

★レッスン時は常に録画で自分の問題点を把握出来るようにしたり、ソロピアノのみならずバンド対応能力も育てる実践的なレッスンを心がけています。

・時にはクラシックも取り入れる

初心者の内から名曲を取り入れて練習し、基礎力と豊かな感性を育てていきます。
(従来の教則本に多くみられる ”ドレミファソ” だけで長期間の練習をしいることはしません。)
音楽はけして他人と技術を競うものではないという考えの元、それぞれの人なりの音楽を探求していける能力を育てることに重点をおいています。
またクラシックをジャズアレンジする方法もご指導します。

・楽譜はたのしいもの

”楽譜とは世界地図、または大きなキャンバスに描いた絵のようなもの”
音符が苦手という言葉をよく聞きますが、それは中央のドレミ中心というせまい視野から数えて次の音符へたどり着こうとするから大変になってしまうだけです。
またヘ音記号がよめない、#やbがいっぱいだともうパニック、黒鍵がこわかった、、、これらは実際に良く聞く話です。
これらのストレスをなくすため、レッスンではまるで絵をみるように大きな視野から楽譜をとらえ、ちいさなお子様も自然に音楽の中にはいっていくことができるように工夫しています。

・親子や兄弟姉妹で学びたい

初心者、経験者を問わず、保護者の方もお子様といっしょに学ぶレッスンができます。
兄弟姉妹の場合も、競争するのではなくお互い心をかよわせ助け合いながらアンサンブルや独奏、といったように臨機応変な方法で音楽をつくっていくよろこびを体感します。
メソッドは子供も大人も共通なので、ご家族で教えあいながら、アンサンブルや連弾etc..楽しくご家庭でピアノを弾く時間を持つことが可能になってきます。

・保護者の方へ

ご家庭でのお子様への接し方で、知らずしらずにピアノ嫌いをつくっているケースがよくあります。
また下のお子さんも一緒に習い始めたりすると、いろいろな問題に直面したりします。
そのような場合、ご家庭でどのようにお子様たちに接していけば良いか、その都度アドヴァイスしています。

・オリジナル教材を使用したり、アレンジ能力を育てていきます。

クラシックピアノで名曲に触れることは大事ですが、それだけでは将来、楽譜がないとなにも弾けないという事態になりかねません。
事実、音大を卒業したものの、楽譜なしでは簡単な曲に伴奏をつけることすら自信がないという声を良く耳にします。
このような事にならない様、レッスンではアレンジ手法を指導しながら、その場で一緒に曲をアレンジしていき、一人一人の個性と創造性を育てていきます。

ex.1: ジョージ ガーシュインの ” サマータイム ” ジャズピアノアレンジ譜

 

ex.2: 幼児と中級者が一緒に弾く” きらきら星 " Hip Hop-Jazz 連弾アレンジ
ピアノを始めたばかりの幼児と、子供のころほんの少し習ったことがあるという親御さんが一緒に弾くことが出来る連弾アレンジです。
発表会に最適 Piascore で連弾譜発売中
兄弟姉妹やお友達同士でももちろんOKです。

(サンプル音声の後に続く実際の楽譜には、初心者でも弾けるアドリブ例が入っています。)

・指導方法に悩んでいる音大生やピアノ教師の方へも

大人になってはじめる方や、ピアノ嫌いになりそうなお子様への指導方法、マンネリになっている指導に悩んでいる、譜面がないとどうして良いかわからない方、、、お気軽にお問い合わせください。