●理念、指導方針

まずは音楽が大好きで、ピアノが弾きたくてたまらなくなる気持を大事に育てます。
まだピアノに興味を持っていない小さなお子さまには、音と鍵盤にふれあう事のよろこびから、感性と意欲を導き出す事を優先します。なぜならば、まわりから練習を強いられた音楽は意味のないことだからです。
さらに、本当は音楽大好きなのに子供の頃の練習がつまらなくてやめてしまった大人の方も、さまざまなアプローチで、本来の気持を取り戻し、練習意欲につなげていきます。
また、心を通わすことの出来るアンサンブル体験も日頃のレッスンの中で大事にしています。
このように、ジャズ、ポップス、クラシック etc... と幅広い観点から、感性を高め、読譜力、応用力、演奏技術を磨いていく指導方針です。
また常に生徒さんの意欲を積極的に引き出すことを念頭においています。

石丸桃子